最後の家族を探しています☆

現在、新しい家族を募集している子たち、又は幸せになった子達の紹介をしていきます☆

風との戦い

風との戦い(オーバーな表現ですが)を決心したのは・・
実は、風の為に何がいいのかわからなくなってきていて、

・歯を削る、もしくは犬歯を抜く
・薬(安定剤だと思います)を使う


この2点も頭に、獣医師さんに相談させてもらいました。
院長先生が風を見てくださり、風の怒るタイミングや怒り方をみて、
ちょっと頑張ればなんとかなるのではないかと。
まずは頑張ってみませんかと言われました。

確かに風は突然噛んでくる訳ではありません。
噛む行動に出るタイミングもわかりやすく、ひきも早いです。


ちょっとハードなやり方にはなってしまうし、
もしかしたら、風が相手をみて行動するかもしれない。
でも、やってみる価値はあるのでは、ということになり、

私としても、風を預かり、すぐの時点ではとてもやる気にはならなかったことも、
今なら、風と過ごしてきた時間、そして今の風をみていて、今なら。と決心したしだいです。

それが22日の事で、実際、前回の記事を書く前に、私と風は一度戦っています。
23日の事です。

記録として残しておきたい部分もなるので、書きますが長くなると思います。
興味のある方は読んでください。
かなりひどい文章になると思います。


23日の朝、散歩から帰ってきたあと、風の体を撫でようとしました。
当然風が怒ることも予測し、あらかじめ皮の手袋を用意してありました。

風はものすごく怒り、噛み放題なくらい噛んできましたが、手袋をしているので当然痛くもないし、
私としては絶対にやりたくないと思っていましたが、結果、風をしめあげる事で、風を抑えました。

しつけの為であれ、暴力は振るわないでください。

譲渡の際にはお願いし、実際に文章に記したこともあります。
その私がどんな理由であれ、立派な暴力・虐待行為をする。


そして、
ここまでしなければいけない事が悔しくて悲しくて、ボロボロ泣きながら風を抑え込みました。

最初、かなり抵抗していた風も、やがて自分から横たわり、
ずっと皮手袋をしたまま風を撫でていた私も、手袋を通してでは手の感触が伝わらないだろうと、
途中からは手袋をとって素手で撫でていました。

風に謝りながら。
そして、風に語りかけながら。

ごめんね、痛くて苦しい思いをさせて。
でも、気持ちいいでしょ?恐くないでしょ?
風は痛い思いをすることはないんだよ。
イイコだから撫でてもらえるんだよ。

いっぱいいっぱい話したと思います。
風はずっと緊張していたと思います。体が硬かったです。


それまでにも風に何回か噛まれ、私自身、多少なりとも痛い思いをしました。
でも、傷の痛みは一晩。
この日のこの時の事を思い出すと、本当に今でも心が痛く、苦しくなります。涙が出ます。
それくらい、私は風にひどい事をしました。


救われるのは、風がすぐにいつもの風に戻ってくれた事。
朝はお散歩から帰ったらご飯です。

ご飯ちょうだい

食事の支度をはじめた私の周りを、風は喜んでくるくる回っていました。


その後は仕事も忙しく、ちょっと間があきますが、どうせやるなら続けての方がいいと、このお休みを待っていました。
その間に、風にはちょっと変化が見られました。

もちろん、体にはたやすく触らせませんが、

遊ぶ時、それまでもちょっとなら触れたりしたのが、
触り放題なくらいに触れ、それもこねくりまわすくらいにしても大丈夫。
あげくの果てはひっくりかえって遊ぶ姿を見せるようになりました。
そう、一瞬ですが、おなかを見せるようになりました。


昨日(29日)の夜からいよいよ開始のトレーニング。
この時は、最初から皮手袋は片方の手、風を押さえるための手の方にしかしませんでした。

風は頭がいいので、この手袋をしている時のみ、いう事を聞くようになる可能性があると考えた為です。
手袋に頼るのもダメ。
自分も少しは痛い思いをしなきゃ、風にも申し訳ない。

昨日の夜は、かなり聞きわけ良かったです。
多少の抵抗はありましたが、そして、何度かヒクヒクしてましたが、23日の事を思えば、とても静かなトレーニングとなりました。

その後の風は、ソファーに寝そべって本を読む私の上を横切り、ソファの背に乗ってきました。
こんな事も初めてです。
風にとって 触られること、自分の体が私に触れること に少しずつ抵抗がなくなってきたのかな?と思いました。

ソファの上です IMG_1709.jpg

ソファの背に乗っています IMG_1705.jpg

今朝は、散歩から帰ってきて、何だからわからないけど(これダメですね。でも、私にはなぜかわからなかったんです。もしかしたら、風はトレーニングされると思ったのかも?)突然風が唸ったので、
予期せずのトレーニングとなりました。

頭のよい風、絶対に時とか場所とかをトレーニングと結びつけると思ったので、
散歩から帰ってすぐのトレーニングはしないつもりでした。
なので、予期せずすることになり・・そう、皮手袋の準備ナシ

仕方なく素手で。
でも、風の諦めもよかったです。

頭のよい風さん。
いつ挑んでもダメだと学習してくれると嬉しいんですけどね。


まだ何かをするところまではやっていません。
背中・頭・耳を優しく撫でること。

そして、今朝は左足をちょっと触ってみましたが、当然の如く、ヒクヒクしていました。
前足は、風にとってはかなりの弱みのあるところ。

少しずつ少しずつ・・慣れていこうね、風。
触られることは気持ちいいこと。
少なくても、痛いことではないということ。


ちょっと弱音を吐きます。
戦うこと、ものすごく体力消耗します。
終わったあと、私はガクッときています。
体力消耗は、きっと風も一緒、いえ、それ以上なんだと思いますが、
と~っても元気な風です。
さすが若い

最近、外では呼び戻しの練習しています。
こういうトレーニングはとても楽しそうです

風との戦いは始まったばかり。
さて、どうなりますやら。

             IMG_1710.jpg


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mami

Author:mami
なんでもお問い合わせ下さい。
メールは
bellpapi2@yahoo.co.jp へお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク