最後の家族を探しています☆

現在、新しい家族を募集している子たち、又は幸せになった子達の紹介をしていきます☆

パピヨン・アリスとジェスパ(ハヤト)

お隣の県に嫁いだパピヨン・アリスちゃんとデートしてきました

あれから6年半以上、
今年、10歳を過ぎてるアリスですが、どんどんかわいくきれいになっていきます。
羨ましいくらいのお嬢様です

同じような写真ばかりですが、ぜひ見てやってください。

しっぽも見事ですありすちゃん全身

    アリス9

    アリス7

        アリス4

   アリス3

   アリス2

   アリス1

         アリス5

何を見てるのかって?それはナイショ。
アリスちゃんの名誉のため(笑)

  何をみつける?

食事が終わり・・みんなの話はつまらないらしいです(笑)
眠くなっちゃったね

  眠くなってきたアリス



そして・・
ありすと一緒に保護されたパピヨン、ジェスパ
彼は今、病気と闘っています。

赤血球数値がどんどん低くなっていきます。
原因不明です。
でも、飼い主さんは諦めることなく、多分、最後の手段であろう、
輸血 という選択をしました。

8月の終わりから3回の輸血をしています。
最初の輸血は、もう生きるか死ぬかくらいの時の輸血で、私も生きた心地もしませんでしたが、
二度め、三度めは、赤血球の数値を見ながらの輸血なので、ジェスパは比較的元気です。

このまま輸血の間隔があいていけば・・
今、飲んでる薬の効果が現れてくれば・・
そう願いながら治療を続けています。


犬の輸血は人間のように簡単ではありません。
血液を保存することが難しいこと、
人間のように、血液型があえばOKというわけではなく、
輸血するたびに、パッチテストが必要です。
そして、OKが出て、初めて輸血となります。


そう、輸血のたびに新鮮な血が必要となります。
もし合わなかったらダメなので、1頭だけでなく、複数頭の供血をしてくれる犬に待機してもらうことになります。
採る量にもよりますが、普通は大型犬(20キロ以上くらい)からの供血なので、供血してくれる犬を探さなくてはいけません。
幸い、ジェスパには供血してくれるわんこさん達がいます。
本当にありがたい事です。

私自身、今回、初めて、供血という事に接し、改めて考えさせられる事がたくさんありました。

ジェスパを支えてくれているたくさんのわんこさんに、本当に感謝しています。
もちろん、飼い主さんにも。

いつか恩返しができるといいね、ジェスパ。
とりあえず、今のあなたにできる事、笑顔を見せてくれる事。
いつまでも笑顔でいてください。

ジェスパ

スポンサーサイト
プロフィール

mami

Author:mami
なんでもお問い合わせ下さい。
メールは
bellpapi2@yahoo.co.jp へお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク