最後の家族を探しています☆

現在、新しい家族を募集している子たち、又は幸せになった子達の紹介をしていきます☆

ジジ♪

ジジが我家にいたのは、3年前の夏

ちっちゃくてとってもかわいい子。

なんだかね、

お座りも待てもできなくていいや、

トイレがうまくできなくたっていいや、なんて思わせてしまう子。

   20130708164218b00.jpg


初めて会った時の笑顔が忘れられなくて、今でも私の心にしっかり焼き付いています。


20130708164214b8c.jpg

ジジは、もう何回も生死をさまよってる感じがします。

もう耳も聞こえず、目も見えてない感じ。
それでも、食には反応します。

まだ生きる。生きたい。

彼の中の生がそう叫んでる感じです。


介護の日々は大変だと思います。

それでも、頑張ってくれるママさんがいます。

じっちゃま、幸せ

生きてきてよかったね。


終わりよければすべてよし。

じっちゃまを見ていてそう思います。

    2013070816420917f.jpg







スポンサーサイト

ジジ

今日はとびきりの癒しを

じっちゃま。

じっちゃまは、3年前の6月、看取り覚悟で預かりをした子です。

某保健所に収容されていた2匹のポメラニアン

のちのジジとビビですが、保健所の人が、ボラさん相手でも出す事をためらった子たちです。
どちらも高齢だし、状態がよくないからと・・


・・・・・・よくない?よくない??

まあ、ダニもいたし、皮膚の状態よくないし、じっちゃま、顎がないし、方耳ふさがってたし。
ビビは咳もしてたね。胸の骨格が異常で、前足も形も変だった。


でも、食べる食べる
おまけに、元気ないどころか、吠える吠える(笑)


看取り覚悟だったのに、家族募集となり、そして、諸事情で預かり先は変わりましたが、
2匹とも別々の場所ではあるけど、巣立っていきました。


じっちゃま、もう長くはないかも・・と思われる時もありましたが、

今もこんなかわいい顔を見せてくれています。

もちろん、その裏側には、ご家族の献身的な愛があります。


諦めずに、一緒に頑張ってくれる家族がいること、とても嬉しく思います。



ママさんはいつもとっても素敵な写真を送ってくれています。

一部公開させていただきます。

じっちゃま・・いい顔してますね

  ZZZ

ぬくぬく

  仲良し

じじ

 X’masに クリスマス



かわいくないですか?

似合うと思いますが

似合います?

前世は女の子だったに違いありません

かわいい?
  
ああああ・・ふて寝ですか

もう寝ますから

まだまだ暑い

土曜から少し涼しくなるという週間予報を期待してましたが・・

なんだかはずれたようで、あつ。暑い。

なので、暗くなってからちょっとお出かけしてみました

最初のうちは暗いのもあるのかな?
回りの様子をじっとみていましたが、それからは興味の方が先立つようで、うろうろしてました

           夜のお出かけ1
      夜のお出かけ
夜のお出かけ2

おやつ、食べれるものがちょっと増えてきましたが、
基本は、やわらかく、薄く、小さなものが好きです
ガム系を並べると悩みます
   悩み中

アキレス・コラーゲン入りのガム・サメの軟骨
結局、みんななめてみただけで終わりました

ツボにはまる・・

なんだか寝姿ばかりで申し訳ないと思いつつ、とってもかわいいので、すぐにカメラを向けてしまいます

かわいいから1
かわいいから2
かわいいから3
かわいいから4


なんでこんなにかわいいんだろ


と思う一方で、高齢犬を保護することの難しさを感じています。

どの命もただ一つの命。
と 思いながら、住宅環境や、私自身の問題もあり、預かりできるコが限定されています。

大きさと吠えが問題で、
私の中で、疾患を持ってるとか噛むとかはあまり問題ではありませんでした。

高齢 というのもあまり気にしてなくて、今回のジジビビの保護となりましたが、

実際預かりをしていて思うことは、あまりにもお問い合わせがなさすぎ・・

正直に書きます。

1件お問い合わせがあり、とてもジジビビの事を考えてくれているのはわかりましたが、
私の方からお断りをさせていただきました。

なぜなら、彼女が若い方だったから。
ジジやビビのような高齢犬を若い方に背負わせるのは申し訳なさすぎるから。

彼らの生活はのんびりゆったりです。
そして規則正しさも必要かと思います。

お友達や彼氏さんとのお付き合いや、これから結婚があるかもしれない、子育てがあるかもしれない若い方に、
ジジやビビは負担になってしまうのではないか。
というか、いる事が足かせになってしまわないか。

もっと若い子を迎えてもらって、一緒にお出かけしたりして、わんこライフを楽しんでもらいたい、というのが私の願いでもあります。

ジジやビビのような高齢犬は、ご家族の年齢もちょっと落ち着いた方の方がいいと思うし、
お子さんもある程度は大きくないと・・なんて贅沢なことも考えています。
おじいちゃんやおばあちゃんもいるようなご家族だったら、
もしかしたらおじいちゃんやおばあちゃんのいい相手になるかも、なんて思ったりもしています。

それがなかなか難しいのが現状なんですけど。



ジジが我が家へ来て3か月になろうとしています。
来週の半ばあたりから預かり先が変わる予定です。

ジジの家族を私が見つけてあげられなくてホント申し訳なく、残念に思っています。
でも、近いからまたいつでも会える。
実際そうなんですけど・・
ザンネンでなりません。



ジジ、問題児(笑)の風(ふう)がいなくなったら又戻っておいで なんちゃって

ところで、ガウガウ犬の風はそんなに簡単に行けるのか

             20100909180200000001.jpg


というわけで、我が家にはジジと入れ違いに、パピヨンの風(ふう)がやってきます。
ただ今、動物病院入院中。

去勢手術が無事に終わり、フィラリア-、血液などの検査結果も、特に異常がありません。
問題があるとしたら、ちょっとガウガウっこ
どんな程度なのか、何がダメなのか、いろいろ情報を発信できたらと思います。

それでも、最初に会ったときの事を思ったら、今日は全く怒ることなく、あそぼあそぼモード。

まだまだ若い風に、早く家族がみつかりますよう・・宜しくお願いします


そして、ジジの赤い糸の先も早く結ばれますように・・



プロフィール

Author:mami
なんでもお問い合わせ下さい。
メールは
bellpapi2@yahoo.co.jp へお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク